FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

松山ケンイチと「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」




松山ケンイチ主演映画ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」は、2007年7月に公開されました。

松山ケンイチは、若き獣医・植村一也役です。悩みながら成長して行く若き獣医を見事に演じています。

松山ケンイチには何故か不思議な魅力がありますね。

この映画は、植田啓一獣医と沖縄美ら海水族館の人々が、タイヤメーカーのブリジストンと組んで挑んだ世界初の人工尾びれ・プロジェクトという実話をもとにした感動作です。

沖縄美ら海水族館に意気揚々と赴任した新米の獣医・植村一也(松山ケンイチ)を待っていたのは飼育員の作業でした。それはイルカのことをよく知らなければ治療はできないと考える福原館長(山崎努)の方針でした。

叩き上げの先輩飼育員・比嘉(池内博之)と激しくぶつかりあったり、その様子を見守る飼育員・ユリ(坂井真紀)や仲村課長(利重剛)に獣医としての心得を学んだり、七海(永作博美)のカフェで少し癒されたりしながら・・・。

3頭の子どもを産み育て“ビッグマザー”の異名をとるイルカのフジにもようやく受け入れられ、沖縄の生活にも慣れてきたある日、突然フジの尾びれが壊死し始めました。

尾びれを切除し一命はとりとめたものの、フジは泳ぐことをやめてしまいます。

ただ生かすだけの治療に疑問を感じ始めた一也は、アメリカのタイヤメーカーがウミガメの手ビレをゴムで作ったことがあることを知り、フジに人工尾びれを作ることを提案し、ブリジストンに単身で交渉に向かいます・・・。

母親に捨てられたと思い、学校にも通わず毎日フジに会いにくる少女・ミチル(高畑充希)とオジジ(上間宗男)の物語が同時に進行します。

ほとんどセリフのないオジジやミチルですが、沖縄の風景の中で、癒されるシーンを挿入していきます。

水族館も含めて綺麗なシーンが多く登場します。

本物のフジをはじめ、多くのイルカたちの出演で、イルカたちにも(特にフジに)癒されます。

フジの再生とともに、一也も、ミチルも成長していきます。
ラストシーンには感動しました。

スポンサーサイト

2007年11月27日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチと「神童」




松山ケンイチ出演映画神童」は、2007年4月に公開されました。

松山ケンイチは、菊名和音(ワオ)役です。

映画神童」は、萩生田宏治監督が、さそうあきら原作の傑作漫画を映画化しました。天才ゆえに苦悩する少女に寄り添う青年ワオを松山ケンイチが好演しています。また、たったひとりで不安や疑問を抱えながらも「大丈夫、あたしは音楽だから」と、凛々しくステージに立つ天才少女うたに扮し、成海璃子が堂々の映画初主演を果たしました。

音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音(松山ケンイチ)と、神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト・成瀬うた(成海璃子)が出会います。

このところ母親の目を盗んではレッスンをさぼってばかりだったうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り、彼の実家である青果店に入り浸るようになります。

うたの応援もあり、翌春、ワオは首席で合格し、今は亡きうたの父で音楽家だった光一郎を知る御子柴教授のレッスンを受けることになります・・・。

松山ケンイチ、いいですね。
デスノート」でも主役を食っていましたが、この映画でも、どんくさいけれど優しく純粋な青年を好演しています。

天才少女の陰影を好演している成海璃子も、14歳とは思えません。

ベートーヴェン、メンデルスゾーン、モーツァルト、シューベルト、ショパンなどの名曲が聞けるだけで値打ちがあります。

2007年11月26日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチと「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」




松山ケンイチ出演映画蒼き狼~地果て海尽きるまで~」は2007年3月に公開されました。

松山ケンイチは、テムジン(チンギス・ハーン)の息子ジュチ役です。

映画蒼き狼~地果て海尽きるまで~」は、森村誠一の小説を原作に、モンゴル建国の英雄チンギス・ハーンの生涯を豪華キャストで描いた角川春樹製作の歴史ドラマです。

部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長イェスゲイ・バートル(保坂尚希)の妻ホエルン(若村麻由美)が男の子を出産します。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンです。

14歳になったテムジン(池松壮亮)は父に連れられ花嫁探しの旅に出て、オンギラト部族族長の娘ポルテと恋に落ち婚約します。
その後テムジンは父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身である事を理由に、部下たちから見捨てられてしまいます。

やがて青年に成長したテムジン(反町隆史)はリーダーとしてのカリスマ性を発揮します。そしてポルテ(菊川怜)を妻に迎え、次第に勢力を拡大していきます。

12世紀から13世紀にかけて、西はペルシャ湾にいたる広大な帝国を築き上げた英雄チンギス・ハーンの数奇な運命を追った壮大な物語です。

総制作費30億円、4ヶ月のオールモンゴルロケ、エキストラ2万7000人という大作です。
迫力ある戦闘シーンなど見どころも充分です。

伝説の英雄の知られざる人間ドラマがテーマです。

松山ケンイチは、偉大なる父に愛されていないのではないかと悩みながら、父を深く慕う息子ジュチ役を見事に演じ、父と子の情愛が涙を誘います。

人間ドラマとしての、この映画の最大の見せ場だと思います。

2007年11月25日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチと「デスノート」および「デスノートthe Last name」




松山ケンイチ出演した映画デスノート」は2006年6月、「デスノートthe Last name」は2006年11月に公開されました。

松山ケンイチはインターポールから派遣された謎の探偵L役です。

映画デスノート」および「デスノート the last name」は、1900万部超の売り上げを誇る人気コミックを、2作構成で実写映画化したミステリー・ホラーです。死神の落としたノートから始まる、2人の天才の頭脳戦を描いています。

夜神月(やがみライト)(藤原竜也)は、名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才です。彼は偶然、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を手に入れます。月はデスノートを使って、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していきます。その目的は、犯罪のない理想社会の実現でした。

人々の間で救世主「キラ」の存在がささやかれ始めます。一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才が世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・L (松山ケンイチ)です。

Lは神がかり的な推理力でキラの正体に迫ろうとしますが、月は知略を尽くして捜査網から逃れようとします。そして、2冊目のノートが舞い降ります…。

2人の天才による頭脳戦が見どころです。デスノートのルールを最大限に生かして、Lの正体へと迫る夜神月と徹底した論理分析で謎の殺人犯を追うLの緊迫感のある戦いが展開します。

また、死神がCGで出てきて重要な役柄ですが、その声を中村獅童および池畑慎之介が見事に演じています。

私は原作は全く知りませんが、前編では、月の恋人・詩織(香椎由宇)の存在など映画オリジナルな部分もあるそうです。また後編では、片瀬那奈を初めとする新キャストを加え、原作とは違う結末だそうです。

予測不能の展開が続き、最後まで予断を許さないストーリーは理屈抜きで面白いです。

特に、松山ケンイチのエキセントリックな天才Lぶりが楽しませてくれます。

2007年11月24日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチと「男たちの大和/YAMATO」




松山ケンイチ出演映画「男たちの大和/YAMATO」は2005年12月よりロードショー公開されました。

松山ケンイチは年少兵メーンの神尾克己役です。

世界最大最強の戦艦と謳われた戦艦大和ですが、たいした活躍をすることもなく約3,000名の命とともに東シナ海に散りました。

この大和の真実を綴った辺見じゅんのドキュメントを、「人間の証明」の佐藤純彌監督が総制作費25億円という壮大なスケールで映画化したのが「男たちの大和/YAMATO」です。

昭和19年の春、特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(松山ケンイチ)たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていました。

しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々でした。神尾たちは上官である森脇(反町隆史)・内田(中村獅童)の叱咤激励のもと訓練に励んでいましたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていました。

そして翌昭和20年の4月、米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下されます・・・。

わずか15,6歳の少年たちが、どういう思いで戦ったのでしょうか?平和な今、私たちはこのことを忘れてはならないと思います。

また、時代に飲み込まれていく中で人間性を失わなかった森脇(反町隆史)・内田(中村獅童)の姿には感動しました。

松山ケンイチの神尾克己は生き残ります。ひたむきに訓練に耐え、ひたむきに闘った姿と、生き残った後の辛い、みじめな姿を見事に演じています。

松山ケンイチは、この映画のオーディションで角川春樹に見初められ、「薬師丸ひろ子や原田知世を発見したより震えた」と言われたそうです。
その証拠に、その後、角川春樹プロデュースの「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」、「椿三十郎」と連続して起用されています。

2007年11月23日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチのプロフィールに思う




芸名
松山ケンイチの本名は「松山研一」で読み方は芸名と同じですが、漢字で書くとずいぶんイメージが変わりますね。そもそもは画数が悪いとカタカナに変えられたそうで、本人はいずれ漢字に戻したいそうですが、カタカナの方が今のイメージに合っていると思うのは私だけでしょうか?

生年月日
松山ケンイチは1985年3月5日生まれの22歳。30歳くらいまでは青年役で活躍するでしょうから、この8年で多くの映画ドラマで活躍する姿が見えますね!

出身地
松山ケンイチの出身地は青森県むつ市。下北半島に位置する本州最北端の市で、松山ケンイチもふだんは「下北弁」で話すそうです。東京に負けない」為にも訛りを直すつもりはないと熱く語っているそうで、いかにも松山ケンイチらしいと思います。

体形
松山ケンイチは身長180cm、体重60kg、B86cm W73cm H83cm S28cm。
高身長でスリム。申し分ないですね!

受賞歴
ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」グランプリ(2001年)
16,572人の中からグランプリを受賞しデビューのきっかけになりました。
・第30回日本アカデミー賞(2007年)にて
 新人俳優賞(「男たちの大和/YAMATO
 優秀助演男優賞(「デスノート前編」)
  をダブル受賞したのが光っています。

私の印象に残る映画
NANA(2005年)岡崎真一(シン) 役
男たちの大和/YAMATO(2005年)神尾克己 役
デスノート(2006年)L役
デスノート the Last name(2006年)L役
蒼き狼~地果て海尽きるまで~(2007年)ジュチ役
神童(2007年)菊名和音(ワオ) 役
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ(2007年)植村一也 役

こうして見ても、実に幅広い役柄を見事にこなしています。「カメレオン俳優」と言われるのも、うなづけますね。

公開予定の待たれる映画
椿三十郎(2007年12月)井坂伊織 役
人のセックスを笑うな(2008年1月)磯貝みるめ 役
L Change the World(2008年2月)L役
これから3ヵ月連続で出演映画が公開されます。楽しみです。

2007年11月22日 松山ケンイチ トラックバック:1 コメント:0

| 松山ケンイチいいですね!TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。