FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

松山ケンイチと「L change the World」




松山ケンイチ主演の映画L change the World」は、あの「デスノート」2部作で大ブレイクした、松山ケンイチ扮するLを主役にしたスピンオフ作品です。監督を「リング」、「怪談」の中田秀夫が勤めています。

この映画は、Lの最期の23日間を追い、最後にして最大の難題に直面するLの姿が描かれています。ホラー色やアクション・シーンなど新たな見せ場も盛り込まれています。

L(松山ケンイチ)は、キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリ(藤村俊二)を失い、自らもデスノートによる究極の選択をしました。

そんなLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年(福田響志)がワタリへのメッセージを携えて送られてきます。

さらにもう1人、亡き父親(鶴見辰吾)からあるものを託された少女・真希(福田麻由子)が追っ手から逃れるように飛び込んできます。

Lは新たな「死神」の出現を察知し、2人の子どもを守りながら人生最後の難事件に挑むのでした・・・。

工藤夕貴高嶋政伸が悪役、南原清隆がFBIで登場します。

Lが苦手とする「子ども相手」、「身体を張ること」を余儀なくされます。Lに成りきった松山ケンイチがこれまでにはない人間的な一面を見せながら大活躍します。

デスノート」とは少し違ったイメージのLです。「デスノート」ファンには物足りないかもしれません。

松山ケンイチのファン向けに作られた映画ですね。

私は松山ケンイチに好感を持っているので、面白く楽しませてもらいました。

スポンサーサイト

2008年02月26日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

松山ケンイチと「人のセックスを笑うな」



松山ケンイチが主演している映画人のセックスを笑うな」は、山崎ナオコーラの同名小説を「犬猫」の井口奈己監督が映画化した恋愛映画です。永作博美松山ケンイチ蒼井優忍成修吾ら注目俳優の共演で、人妻と青年の不倫の恋、彼に片思いする少女、その少女に片思いの青年が描かれていきます。

私は2月4日にテアトル梅田で観ました。若い女性客が多く満席でした。松山ケンイチの裸のシーン目当てでしょうか?

美術学校に通う19歳の磯貝みるめ(松山ケンイチ)は、20歳年上のリトグラフの新任講師ユリ(永作博美)に絵のモデルを頼まれ、アトリエで、されるがままに服を脱がされ、関係を持ってしまいます。

以来、みるめはユリにメロメロになります。しかし、ユリの姿が見えない日、みるめは彼女の自宅を訪ねたところ、そこにはユリの夫(あがた森魚)がいて、ゆりからそのことをさらりと告げられ愕然とします。

突然現れた年上の女に振り回されて一喜一憂するみるめを、同級生のえんちゃん(蒼井優)は複雑な思いで見つめていました。そんなえんちゃんを同級生の堂本(忍成修吾)が見守りますが・・・。

この映画は配役で救われた映画だと思います。

松山ケンイチが、年上の女に振り回されメロメロになる青年を、見事に表現しています。ケイタイを針金で縛って、話をしたら会いたくなるからというくだりなど秀逸です。
松山ケンイチ、やっぱりいいですね!

永作博美が、奔放になんの後ろめたさも持たず青年を誘惑する人妻を、これも見事に演じています。

そして松山ケンイチに片思いの蒼井優、その彼女に片思いの忍成修吾もそれぞれに味のある演技です

ただし、この映画の井口奈己監督の演出を、私はあまり評価しません。
あまり意味のないシーンがあったりして、全体として「間伸び」感があります。137分の上映時間は長すぎます。黄色い風船の意味も不明です。
かと思うと、メッセージを字で表現したりしているラストも気にいりません。

ただ甘いだけではなく、きっちりと苦い恋愛の不条理が描かれているということですが、私は、男の立場として、ラストでは、みるめがユリから卒業する方向を示してほしかったと思っています。



2008年02月06日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:2 コメント:0

| 松山ケンイチいいですね!TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。