FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

松山ケンイチと「男たちの大和/YAMATO」




松山ケンイチ出演映画「男たちの大和/YAMATO」は2005年12月よりロードショー公開されました。

松山ケンイチは年少兵メーンの神尾克己役です。

世界最大最強の戦艦と謳われた戦艦大和ですが、たいした活躍をすることもなく約3,000名の命とともに東シナ海に散りました。

この大和の真実を綴った辺見じゅんのドキュメントを、「人間の証明」の佐藤純彌監督が総制作費25億円という壮大なスケールで映画化したのが「男たちの大和/YAMATO」です。

昭和19年の春、特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(松山ケンイチ)たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていました。

しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々でした。神尾たちは上官である森脇(反町隆史)・内田(中村獅童)の叱咤激励のもと訓練に励んでいましたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていました。

そして翌昭和20年の4月、米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下されます・・・。

わずか15,6歳の少年たちが、どういう思いで戦ったのでしょうか?平和な今、私たちはこのことを忘れてはならないと思います。

また、時代に飲み込まれていく中で人間性を失わなかった森脇(反町隆史)・内田(中村獅童)の姿には感動しました。

松山ケンイチの神尾克己は生き残ります。ひたむきに訓練に耐え、ひたむきに闘った姿と、生き残った後の辛い、みじめな姿を見事に演じています。

松山ケンイチは、この映画のオーディションで角川春樹に見初められ、「薬師丸ひろ子や原田知世を発見したより震えた」と言われたそうです。
その証拠に、その後、角川春樹プロデュースの「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」、「椿三十郎」と連続して起用されています。

スポンサーサイト

2007年11月23日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 松山ケンイチと「デスノート」および「デスノートthe Last name」 | 松山ケンイチいいですね!TOP | 松山ケンイチのプロフィールに思う >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://matsukenfan.blog20.fc2.com/tb.php/3-53b62249

松山ケンイチいいですね!目次

松山ケンイチ(松ケン)に注目したのは、「男たちの大和/YAMATO」、「デスノート」、「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」、「神童」、「ドルフィンブルー フジ、もう一度宙(そら)へ」を観たからです。どんな役柄も

2007年11月27日 松山ケンイチいいですね!

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。