FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

松山ケンイチと「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」




松山ケンイチ主演映画ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」は、2007年7月に公開されました。

松山ケンイチは、若き獣医・植村一也役です。悩みながら成長して行く若き獣医を見事に演じています。

松山ケンイチには何故か不思議な魅力がありますね。

この映画は、植田啓一獣医と沖縄美ら海水族館の人々が、タイヤメーカーのブリジストンと組んで挑んだ世界初の人工尾びれ・プロジェクトという実話をもとにした感動作です。

沖縄美ら海水族館に意気揚々と赴任した新米の獣医・植村一也(松山ケンイチ)を待っていたのは飼育員の作業でした。それはイルカのことをよく知らなければ治療はできないと考える福原館長(山崎努)の方針でした。

叩き上げの先輩飼育員・比嘉(池内博之)と激しくぶつかりあったり、その様子を見守る飼育員・ユリ(坂井真紀)や仲村課長(利重剛)に獣医としての心得を学んだり、七海(永作博美)のカフェで少し癒されたりしながら・・・。

3頭の子どもを産み育て“ビッグマザー”の異名をとるイルカのフジにもようやく受け入れられ、沖縄の生活にも慣れてきたある日、突然フジの尾びれが壊死し始めました。

尾びれを切除し一命はとりとめたものの、フジは泳ぐことをやめてしまいます。

ただ生かすだけの治療に疑問を感じ始めた一也は、アメリカのタイヤメーカーがウミガメの手ビレをゴムで作ったことがあることを知り、フジに人工尾びれを作ることを提案し、ブリジストンに単身で交渉に向かいます・・・。

母親に捨てられたと思い、学校にも通わず毎日フジに会いにくる少女・ミチル(高畑充希)とオジジ(上間宗男)の物語が同時に進行します。

ほとんどセリフのないオジジやミチルですが、沖縄の風景の中で、癒されるシーンを挿入していきます。

水族館も含めて綺麗なシーンが多く登場します。

本物のフジをはじめ、多くのイルカたちの出演で、イルカたちにも(特にフジに)癒されます。

フジの再生とともに、一也も、ミチルも成長していきます。
ラストシーンには感動しました。

スポンサーサイト

2007年11月27日 松山ケンイチ出演映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 松山ケンイチと「椿三十郎」 | 松山ケンイチいいですね!TOP | 松山ケンイチと「神童」 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://matsukenfan.blog20.fc2.com/tb.php/7-6ffd428d

松山ケンイチいいですね!目次

松山ケンイチ(松ケン)に注目したのは、「男たちの大和/YAMATO」、「デスノート」、「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」、「神童」、「ドルフィンブルー フジ、もう一度宙(そら)へ」を観たからです。どんな役柄

2007年11月27日 松山ケンイチいいですね!

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。